0
    骨盤を動かさず、腰椎を動かす
     一路剣と二路剣を各数式ずつ。剣は自然な流れで動けるので、技を知らなくても楽しく動ける。
     三十式は、骨盤を動かさず、腰椎を動かすことを徹底して指示され、たいへん役に立つ。
     推手は、四正推手のみを長時間行う。換手にも少し挑戦。
     最後に、沈剛老師が、野馬分鬃の勁を実演して、BUDO-STATIONにおける呉式太極拳は、今年最後の授業を終了した。
    | BUDO-STATION呉式太極拳 | 22:33 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      「腰椎を入れる」感覚の体得と「五封六閉」の思想
       呉式太極拳は、三十式を通して行い、沈剛老師の言われる「腰椎を入れる」感覚を、かなり体得できる。
       さらに、推手(四正推手、裡黏肘)、三十式の解説、そして五封六閉手を行う。
       五封六閉手は、相手の両肘を押さえて行う練習方法だが、その思想である「五封六閉」は、五行を使わず六感を閉ざす、というもので、川嶋佑先生に教えていただいた「何かをしようと思わない、何も考えない」で戦うことを、言葉を変えて表現したものであり、武術と格闘技は、根底で通じていることを再認識した。
      | BUDO-STATION呉式太極拳 | 20:41 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        形を意識すると、脱力が低下してしまう
         呉式太極拳に参加3回目。
         推手は、裡黏肘(りねんちゅう)、十字手へと進む。
         三十式は、沈剛老師による各技の解説をはさみながら行うが、形を意識することにより、「動く方から、ゆるむ」感覚は低下したようだった。
        | BUDO-STATION呉式太極拳 | 15:09 | - | - | - | - | ↑TOP
        0
          動く方から、ゆるむ
           沈剛老師の呉式太極拳クラスに、先週に引き続いての参加。
           四正推手では「動く方から、ゆるむように」との教えをいただき、一気に動きやすくなった。無理な体重移動も筋肉の緊張も必要ない。ゆるむ=脱力することによって、その方向へ体は自然に動いていき、しかも居つくことなく動き続ける。
           三十式を、老師や先輩方の動きを真似ながら行っても、動く方から、ゆるむことにより、どの方向でも、どの動作でも快適に続けることができる。動こう、動かねば、という意識を介在させることなく、無意識に動き続けていると、実に楽しくなってきて、長いと思っていた三十式を、このまま何度でも繰り返したい感覚が生じた。
           動く方から、ゆるむ。ムエタイで落下や浮上を行っていても、果たして力みが生じていなかったか? 沈剛老師の教えを、ムエタイで実行するのが、今から楽しみだ。
          | BUDO-STATION呉式太極拳 | 20:35 | - | - | - | - | ↑TOP
          0
            究極の出力と究極の脱力
             

             沈剛老師の呉式太極拳に参加。
             剣を使った準備運動で全身を引き伸ばしてから、三十式を通して行い、続いて六式までを動作の解説をしていただきながら行う。
             後半になると、四正推手。単独で反復し、動きの順番を覚えたら、相手と向き合い、離れた位置で行い、徐々に距離を縮め、四正推手となる。相手と実際に接すると、最初は動きが狂ったが、冷静に順番と接触点を確認しながら行うと、次第に無意識に行うことができるようになる。沈剛老師からは、実際に手合わせをしながら、肘の位置や重心移動、手の接触点などを詳しく指導していただいだ。
             推手の後に、六式までを復習してから、最後に三十式を通して行い、終了。
             套路を行っていると、手の平と指先にピリピリした感じがする。特に眠くなってくることが最大の反応だった。山田編集長によれば、α波が出ていて、いいことだ、とのことだが、かなり眠くて、沈剛老師が説明をしてくださっている間に、あくびが出そうになったのは困った(笑)。
             昼間はウェイトだったが、その筋肉疲労は消えてしまった感じがする。
             ウェイトでは、鍛錬部位に出力を集中させるが、それ以外は脱力をはかっている。ムエタイでは、自律動作でも、反作用を受ける瞬間でも脱力する。
             最近、脱力ができ始めていただけに、沈剛老師の「どの筋肉も使わずに動いてください」という指導に、すんなりと従えて、心地良く動き続けることができた。
             ウェイトで究極の出力(鍛錬部位以外は脱力)、呉式太極拳で究極の脱力。ウェイトと太極拳の組み合わせは、絶大な効果を生みそうな気がしてきた。
            | BUDO-STATION呉式太極拳 | 16:12 | - | - | - | - | ↑TOP
            CALENDAR
            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << June 2018 >>
            RECOMMEND
            SELECTED ENTRIES
            CATEGORIES
            ARCHIVES
            モバイル
            qrcode
            LINKS
            PROFILE