0
    ミットでマットロンにインローを合わされるのは、中心軸になってはいけない、という無言の戒め
     1週間ぶりにウィラサクレック・ジムに復帰。
     縄跳びは、自然浮上と自然落下で好調。
     シャドー4ラウンドのみ(マッ3ラウンド、テッ1ラウンド)で、まだ足技がほぐれていない状態で、ミットへ。
     ところが、リングへ上がったら、モー先生が突然、襲ってきてパムになる。
     右腕で、がっちり首を極められ、ティーカウクワーを10連打くらいされた。
     これが効いた!
     こちらが、何か攻めると必ず、すぐ返しがくるので、怖くて手が出せない。
     右腕の首極めの時間が長くなり、ギブアップもさせてもらえないので、倒れこんでしまう展開となった。
     インターバルなしの2ラウンドを行って、辛うじて解放される。
     そのままミットへ。
     ミットでも先生の攻撃は激しく、インローを多用された。
     しかし、以前と違って防御の率が上がり「速いね」と言われる。
     思い切ってマッへ行くところを合わされると、さすがに効いた。
     ミットでも、中心軸になってはいけない、という戒めだ。
     テッは、身体操作が不十分なまま放ってしまった。
     ミット終了後、復習のシャドーは2ラウンドに抑えて終了。
    | ジム練習((シャドー、パム、ミット) | 21:01 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE