0
    左10センチ、右10センチの修正課題

    蹴り足が右に行き過ぎています。これを左へ10センチ移動し、右足は10センチ右へ踏み込むように修正します

     先週の火曜は3日空けての練習だったが、今回は夏期休業もあって4日空け。恐れは、いつも通りだが、それを前にして弛緩することができる。
     月曜に撮影した動画を見て、テッサーイのフォームを入念に観察し、欠陥を特定する。蹴りのインパクト時に蹴り足が右に入りすぎているから、正しいフォームにならないのだ。これを修正する方法を熟考し、右足をあと10センチ右へ踏み出し、左足は10センチ左へ上げてからフォロースルー、とする。
     タイヤから始まり、シャドー5ラウンド、サンドバッグ2ラウンド。シャドー、サンドバッグで今回の課題を検証すると、自分だけではわからないだろうと思っていたが、予想以上に良い感触を実感する。
     ミットで課題を実行すると、音が違った。鋭い音が響き、蹴り心地も良好。いきなり成功した。先生も「良い」ととらえてくれたか、先週は少なかった連打が、2ラウンド目から多くなった。2連打、3連打、5連打。5連打では、疲れで外発動になってしまう。脱力して出す技が、なぜ外発動になってしまうのか?
     かなり疲労したまま、しかし、システマ的にそれを受け入れて弛緩し、3ラウンド目へ。序盤は良いが、疲れてくると外発動になる。連打は10まで行うが、2ラウンド目の5連打よりは強打ができた。力が入っていることを自覚できたから、少しは脱力できかたか?
     消耗してリングを下り、サンドバッグでテッの復習2ラウンド。蹴り足を10センチ左へ移動することを、横から回す軌道にしてしまってはいけない。これを最大の注意点として行った。マッタワット1ラウンド。
     シャドーで全体の復習4ラウンド。今日は人が少なく、私と、もうひとりだけ。おかげで、存分にジムを使わせてもらった。扇風機の前でクールダウンして終了。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 15:38 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      ミットで5連打を欲するようになったのは進歩か?
       ムエタイ3連戦3日目。恐れや疲労はなく、ジムへ行くことが日常、という感覚になってきた。しかし、ジムに着く直前で怖さを感じ、システマの呼吸で弛緩させる。
       今週初めてのタイヤ跳びで、身体操作の確認。
       シャドー3ラウンドのみで、ミットへ。今回も、マットロンサーイとテックワーの威力を感じた。連打は2までで、極度の疲労が生じることがなく、その点では助かった。しかし、連打数が少ないと、前の結合に流れがちになり、横引き延ばしを意図的に行ったが、効果を上げているか実感はもてなかった。5連打くらいは必要だ。
       サンドバッグでマットロンクワーサーイ1、マッタワット1、テッ1、ティープとテッ1。藤原先生式の頭部運動から蹴りを放つ流れも行ってみた。シャドー2ラウンドで終了。
      | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 14:23 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        ミットでテックワーの軌道が向上し、威力を実感
         昨日より落ち着いた気分でジムへ向かう。日比谷線の中では、かなり脱力できた。
         ロープは、昨日より疲労がなく、適度な浮上と落下を維持。
         シャドー6ラウンド。
         ミットはウー先生で、10連打の要求にも、しっかり応えよう、との意気込みガあったが、連打は2までで少なく、単発の技を強打することに集中できた。特にテックワーの軌道が向上し、威力を実感した。
         サンドバッグでマットロン1、マッタワット1、テッ1、ティープとテッ1。
         シャドーで、藤原先生のステップを使いながら、4日教えていただいたソーク、カウバン、フェイントからのテッタンなどを復習して、5ラウンド。
         台風接近のためか、人が少なく、ジムを空間的にも時間的にも、ゆったりと使うことができた。
        | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 14:55 | - | - | - | - | ↑TOP
        0
          ミットは便意との対決に勝利
           3日を空けてのジム練習。藤原先生の練習が、どのように活かされるか? 期待と不安が半々だ。しかし、不安は弛緩することで解消できる。
           ジムに一番乗り、しかも雨なので、外でのタイヤは行わず、約1カ月ぶりのロープ。1ラウンド目で疲労を感じたが、次第に調子が上がって、快適に続けることができた。
           シャドーはマッ2ラウンド、カウ1ラウンドのみ。
           ミットは、おおむね良好。連打は5までだが、昨日のスローライフ太極拳で習った「落下した足と反対側の足が浮上」を意識し、蹴り足の戻しも脱力して向上をはかったが、大きな効果は感じられなかった。3ラウンド目で便意が生じてしまい、別の意味で「限界か?と思われたが、ひとつひとつの攻撃に集中したら、ラウンドが終わっていた。こんな現象もあるのか。
           サンドバッグでマットロンクワーサーイ1、マッタワット1、テッ1、シャドー3。
           先生に呼ばれて、サンドバッグでテッサーイを単発30回、連打30回。
           クールダウンのシャドー2ラウンド。
          | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 14:34 | - | - | - | - | ↑TOP
          0
            ミットでテッを主にたくさんのお誉めをいただく
             タイヤ跳びで身体操作の準備。シャドーは2ラウンドのみで、ミットへ。全ラウンドを通じて、テッを誉めてもらえた。これほど多く誉められるのは初めてだ。テッを主に、マットロンサーイ、カウも評価していただける。評価を聞かされると、向上を実感せずにいられない。
             サンドバッグでマットロンサーイクワーの復習3ラウンド。マットロンクワーは、踏み込まずに伸ばせ、と指示される。これには、伸びを促進させる震腰を使って対処。だいぶいい感じになってきた。
             サンドバッグでテッ1ラウンド、ティープとテッ1ラウンド。あまりに汗が多いので、たくさんは行わない。リングに上がり、シャドー4ラウンドで終了。
            | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 15:52 | - | - | - | - | ↑TOP
            0
              疲労が脱力を促してくれている、ととらえると前向きになれる
               ムエタイに対する恐怖とは何か? その対象、原因を言語化し、対策を整理する。その中で、「疲労」に関しては、「脱力を促す」効用のある、ありがたいことだ、と意識し、いつもより和らいだ心境でジムへ向かうことができる。
               いざジム入りしてしまえば、恐怖など感じている間はない。タイヤに始まり、シャドー5ラウンド。ミットでは、藤原先生式ディアムも実行でき、課題の身体操作をかなり実現することができた。連打は10までで、左は後半に低下があったが、右は逆に後半に向上した。これだ! 疲労を感じながらも、これは脱力を促してくれているのだ、と瞬時にとらえ、気持ちを前向きにすることができた。
               サンドバッグでマッの復習1ラウンド、テッ1ラウンド、ティープからテッ1ラウンド、ドゥンからテッ1ラウンド。クールダウンのシャドー2ラウンドで終了。ミットの終了後にトランクスを替えるが、それでも汗が流れ落ち、遠慮してラウンドが少なくなってしまう。
              | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 14:19 | - | - | - | - | ↑TOP
              0
                ミットは10連打があっても良好な動きができ、質の高い練習となった
                 恐怖を無理に否定することなく、恐怖を受け入れながら、ジム入り。
                 タイヤ跳び。シャドー6ラウンド。マッタワットは、左引き伸ばしに加え、胸部全開にも留意して行う。
                 ミットは、良好な身体操作を維持。特にマットロンサーイとテッサーイは会心の打撃が多い。2ラウンド目では、10連打が入り、その後はしばらく疲労が続いたが、徐々に回復した。3ラウンド目はマッのみで、この日好調だったマットロンサーイを高頻度で行う。
                 トランクスを着替え、サンドバッグでテッ3ラウンド、リングでシャドー3ラウンドで終了。
                 ミットでは10連打でも良好な動きが、シャドーやサンドバッグでは身体操作の確認ができ、質の高い練習となって、満足度が高かった。
                | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 16:49 | - | - | - | - | ↑TOP
                0
                  ミットで身体操作を正確に実行できたが、1ラウンド目で疲労が生じる

                  取材陣のインタビューに答えるウィラサクレック会長

                   川嶋先生の文章を参考に、恐怖を受け入れながら、ジムへ向かう。すると、中ではテレビの取材中。タイの番組らしい。私も少し撮影していただいた。タイのテレビに初登場なるか?(笑)
                   ジム内は人が多いので、タイヤ跳び。その間、会長ミットでゴンナパー先輩の練習風景が撮影中。そのまま練習生のミットへと移ったため、中へ戻ってシャドー1ラウンド、サンドバッグ1ラウンドのみで、ミットへ。ウー先生を相手に、テッの右足開き、脱力など、かなり正確に身体操作を実行できた。連打は10まで行うが、低下は生じず、感触は良好。しかし、1ラウンド中に疲れをおぼえたのが、自分としては不満だ。先生は適度なところへ導いてくれているのだから、疲れても動ける!という状態にもっていかねばならない。
                   サンドバッグでマッタワット1ラウンド、テッ1ラウンド、テッからティープ1ラウンド、ドゥンからテッ1ラウンド、クールダウンのシャドー2ラウンドで終了。涼しかったので、体重は1kgしか減らなかった。
                  | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 15:19 | - | - | - | - | ↑TOP
                  0
                    ミットは、ラウンドの冒頭だけ会心の打撃
                     ジムへ向かう電車の中で突然、練習への恐怖が生まれる。しかし、逃げる場はない。システマの方法により、極度の緊張を感じた直後にはリラックスする他ないことを思い、練習に向き合う気持ちを回復させた。
                     電車での恐怖とは一転し、平静な心境でジム入りし、タイヤ跳びで身体操作の準備。
                     シャドーはマッ3、カウ1、テッ1。
                     ミットは、一発目のマッ、テッとも会心の打撃で始まる。ディアム、軸足脱力、ビーコー、軌道、フォロースルーなど、複数の要素が成功していることを確認できる精神的余裕もある。これは調子がいい!と感じるが、次第に失速。2ラウンド目、3ラウンド目とも、冒頭だけは会心の打撃ができ、以後は低下する展開だった。連打は5までだったので、失速はなし。
                     サンドバッグでマッタワットの震腰を確認・反復、テッ1ラウンド、ティープからテッ1ラウンド。
                     クールダウンのシャドー3ラウンドだが、汗はまったく引かず、クールダウの効果をなさなかった。
                    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 14:24 | - | - | - | - | ↑TOP
                    0
                      ミットは2ラウンド限定のため、回転が凄く速い
                       日曜だが、ジムに一番乗り。暑さのせいかな?などと思いつつタイヤ跳びを行っていると、見る見る人が集まってきて、いつもの日曜と同じ活況となる。
                       シャドー6ラウンドで、ミットへ。人が多いため、2ラウンドのみ。2ラウンド目は10連打から始まり、回転が非常に速かった。このラウンドで終わりなので、がんばれたが、もう1ラウンド続いたら、危なかった。
                       トランクスを着替えてサンドバッグでマッ1ラウンド、テッ1ラウンド、テッタン1ラウンド。さすがに着替えの効果があり、床が汗でびっしょりにならずにすんだ。
                       外に出て、クールダウンのシャドー3ラウンド。外は少し風があり、中で動くよりはクールダウン効果が、わずかに高まった。
                      | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 18:42 | - | - | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>
                      RECOMMEND
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE