0
    4日をおいてのムエタイジム練習は、ミットを飛ばしてのスパーで良好な手ごたえ
     4日をおいてムエタイのジム練習を再開。断食、半日断食、脂肪カットなどが、どう影響するか?不安もあるが、断食を経た最高の状態にあることを信じて臨む。
     ロープは、横隔膜上昇によって軽快に行うことができる。
     シャドーはマッ4ラウンド、カウ2ラウンドを行ったところで、スパーの指示。ミットで疲労する前にスパーを行うことも大切だ、と先生に諭されてリングに上がる。
     これまでは、相手の攻撃を受けて返す式のスパーだったが、相手は重量級なので、それでは通用しない。初動に反応して動く基本の戦法にし、待って攻め込まれる難点は解消され、マットロンサーイが随所で決まり(強打はせずタイミングのみ)、次第にテッが入るようなり、接近したらカウが入り、かなりの手ごたえを得た。この展開を次へ活かしたい。
     仕事の都合があり、スパーの後は、ミットを行わず、クールダウンのシャドー1ラウンドのみで終了。断食明けは、この程度でいい。体重は、練習前56.95kg→練習後56.4kgとなり、いい感じで下降している。要は成分なのだが。
    | ジム練習(シャドー・スパー) | 18:34 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      初心者への指導中心
       混雑する日曜練習だが、今回はジム入りした時点で、3人がロープ中。その片隅でロープを行う。
       シャドーはマッ3ラウンド、カウ2ラウンド、テッ2ラウンド。
       さあ、ミットへ!と意気込んでいたら、入会者の少年にマッとテッの指導を命じられる。私の指導で、ぎこちなかった動きが、突然いい蹴りになり、少し誇らしく思える。
       少年はミットへ移り、こちらはスパー。スパーが初めて、という人を相手に、攻撃の入り方を中心に教えながら3ラウンド。
       リングを下りると、少年のお父さんに、カウバンの指導。左右各30本ほど行ってから、その人はサンドバッグに移り、私もサンドバッグで脛の強化2ラウンドを行って終了。
       今回は指導中心になってしまった。こんな日があってもいいか。
      | ジム練習(シャドー・スパー) | 17:05 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        何かをしようとせず何も考えずに相手の初動を抑えるように動き、カウンターのヒット率はほぼ100%
         キモ・フェレイラ先生が、BUDO-STATIONに来訪されるので、早めに開始。ロープは、序盤で腕に疲れが生じるが、すぐに力が抜けて、順調に進む。
         シャドーは2ラウンドのみで、スパーに突入。40代、50代の方ばかりが5人(年私が最高齢)、その中の息子さん(小学生)で周りながらのスパー。合計9ラウンドに至る。前半は、相手の方のスピードや攻撃に合わせて受ける、という流れをとっていたが、後半は、何かをしようとせず何も考えずに、相手の初動を抑えるように動き、マッのカウンターは、ほぼ100パーセント。そこからテッが決まり、前半では蹴り足をとらえられていたテッが、ほび確実にヒットするようになり、戦いにおける心理の深化を実感できた。
         サンドバッグで号令に合わせ、テッを左右各30回で終了。壮年部・少年部向けの内容だったが、こうした内容の方が、さすがに合っている感じはした。しかし、来週からまた、ミット中心だ。
        | ジム練習(シャドー・スパー) | 15:09 | - | - | - | - | ↑TOP
        0
          ミットを飛ばしてスパーに
           日曜は人が多いので、通常より1時間早くジム入り。先着は2人。早く来た甲斐があった。中で悠々と縄跳び。浮上も落下も、より自然に行うことができる。
           シャドーは試合想定で9ラウンド、サンドバッグはテッのみ4ラウンド。
           さあ、ミット!と思っていたら、いきなりスパーになる。私は「毎日来てるから、今日はミットはいい」とのこと。正確には毎日ではないし、希望すればミットもできたが、「こんな日があってもいい」と気楽にとらえて、スパー。最初は初心者相手に受け中心で3ラウンド。受け中心で動いたおかげで、動きが良くなった。以後は経験者を相手に4ラウンド。それぞれ異なるタイプだが、相手をよく見て応じることができた。
           予想通り、スパーを始めたあたりから、人はどんどん増えてきた。クールダウンのシャドーを行って終了。今日も充実した。
          | ジム練習(シャドー・スパー) | 17:08 | - | - | - | - | ↑TOP
          0
            どんな状況下でも、勝負を捨てない気持ちが大切
             日曜は人が多いので、通常より30分早く行くが、すでに10人以上が練習をしていて、ミットもたけなわ。
             縄跳びは外で。飛んでいて気持ちがいい、と初めて感じた。今日は第二の縄跳び記念日だ。
             シャドーも外。9ラウンドに及ぶ。
             中へ入ってバンテージを巻いたら、ミットを飛ばして、スパーになる。複数で回りながら、合計7ラウンド。いろいろなタイプと戦えて、マットロンやテッの有効性を確認できたが、最後に当たった長身の相手には、前手を押さえられてしまい、戦意をそがれた。方法はいくらでもあるのに、やる気をなくしてしまった自分が情けない。どんな状況下でも、勝負を捨てない気持ちが大切だ。
            | ジム練習(シャドー・スパー) | 18:49 | - | - | - | - | ↑TOP
            0
              2日連続でデンサヤーム先生と戦う!

              マッンガ(アッパー)からマッコー(打ち下ろしのクロス)につなぐ、ムエタイ封じの技を、デンサヤーム先生は多用します


              無意識に出したテッサーイ(左ミドル)がヒット


              マットロンクワー(右ストレート)へつなぐ、いつもの攻撃が入ります


               朝起きてすぐ、朝食を摂りながら「今日もデンサヤーム先生とのスパーだと怖いな」と思う。
               しかし、食後には「デンサヤーム先生とのスパーが日常になるようにして試合に臨むのは大変良いことだ。今日も明日もやるぞ!」という気持ちに変化する。
               果たして、ジムでは、シャドーの後にミットは飛ばして、デンサヤーム先生とスパー開始。もう1人の人を交えて3人で回りながら、マッのみ1周、蹴りありで2周。
               昨日よりラウンド数は少なかったが、デンサヤーム先生の攻撃は変わらず激しいものだった。
               崩しからリングへ叩きつけられるんが、一番こたえる。力みが生じるので、疲れにもつながる。倒されてはいけないが、どうせいても防げない場合の倒され方は工夫しなければならない。
               昨日のような、無意識の自然体になれる境地には至らなかったのは残念。
               スパー終了後、パム3ラウンド。山田編集長の考案した「二重丸」の動きで、首をとらせない展開は成功したと思う。
               サンドバッグでの身体操作の確認3ラウンドとクールダウンのシャドー3ラウンドを行って、今日も充実した練習を終える。

              | ジム練習(シャドー・スパー) | 19:17 | - | - | - | - | ↑TOP
              0
                デンサヤーム先生と1年ぶりの激戦!
                 荒川ジム2日目。
                 縄跳び3ラウンド。合想定のシャドー3ラウンド。
                 私を荒川ジムへ招いたブン先生は不在。
                 デンサヤーム先生とスパーになった。私ともう1人を加え、3人で回る。
                 まずマッのみ2ラウンド。デンサヤーム先生は、マッンガからマッコーで上下の攻撃を多用。こちらの落下マットロンクワーは、はずされることがほとんどだが、拗歩腎突きは、何度か顔面をとられることができた。
                 続いて蹴りありで4ラウンド。ティープのフェイントからマッで惑わされるが、2ラウンド目からは、何かをしようという気がなくなってきて、テッサーイが入るようになる。そうなると、デンサヤーム先生はジャップからの崩しで私をリングへ叩きつける。これが一番効いた。
                 3ラウンド目になると、カウローイからマッコーなど、さらに攻撃が激しくなり、ロープへ追い詰められると、上下のマッ。しかし、この段階で、さらに自然体となることができ、コーナーを背負いながらも、腕を下げた無構えから、デンサヤーム先生の「呼吸を見る」ことができ、蹴りの距離ではなかったので、マッで対応することができ、新たな境地へ入ることできたと実感する。
                 4ラウンド目になると、ジャップから足を払われて転倒させられたダメージが疲労につながり、自分から動くことができなくなり、後手に回る。しかし、一方的に攻撃されるのではなく、動きに対して何らかの対応はすることができた。
                 全体的に、デンサヤーム先生の攻撃頻度は非常に高く、かつ厳しいものだったが、合計6ラウンド(もう1人も同じラウンド数を行い、2人合わせて12ラウンド!)戦い抜くことができたことは、たいへん良い収穫となった。
                | ジム練習(シャドー・スパー) | 16:35 | - | - | - | - | ↑TOP
                0
                  スパーで課題の確認
                   日曜のジムは、さすがに人が多く、縄跳びは路上で5ラウンド。日光浴も兼ねることができた。
                   バンテージを巻いたら、ミットは省略で、いきなりスパー。4人を相手に6ラウンド。肩甲骨発動などの課題を試すことができた。特にテッサーイは、無意識に出てヒットする。しかし、最後に対戦した長身の相手には、蹴りを受けたところからのマッをかなりもらった。もらいながらも前に出ているのは、こちらだったが、ポイントで負けているだけに、次は谷突きや蹴りを返すようにしよう。
                   スパー終了後は、選手たちのミットとなり、予定より早く帰ることにしたら、ジムを出る際に、先生から「遅く来たんだから、あと3分見学していけ」と言われ、入口でスパーを1ラウンド見学。
                  | ジム練習(シャドー・スパー) | 21:33 | - | - | - | - | ↑TOP
                  CALENDAR
                  S M T W T F S
                   123456
                  78910111213
                  14151617181920
                  21222324252627
                  28293031   
                  << January 2018 >>
                  RECOMMEND
                  SELECTED ENTRIES
                  CATEGORIES
                  ARCHIVES
                  モバイル
                  qrcode
                  LINKS
                  PROFILE