0
    作りを大きく正確に、そして落下しながら行うことで、自分でも驚くほど速く動けるようになる
     山田編集長が、ウィラサクレック・ウォンパサー氏から教わってきた基本や戦術を昨日聞かされて衝撃を受け、基本の修正に徹する。
     マッ4種左右各10回とソーク4種左右各10回は、マットロンの押し込みと引き、マッタワット・マットンガ・ソークンガ・ソークプンはノーモーションでなく、あえて「作り」(蹴りと共通動作)を行い、その瞬間に落下することで、威力を増すことができた。特にンガでは自然に震腰が生じる。
     カウ、テッ、ティープとも、前脚は2種、後ろ脚は1種。前脚のノーモーションは作りを行わないが、スイッチと同じ作りの意識をするだけで速度が向上。後ろ脚も作りによって、確実に速くなることを体感できた。
     テッの連打は、作りを大きく正確に行って、30連打を左右各1セット、さらに20連打を左右各1セット。左は位置が一定しなかったが、右は安定した連打ができた。
     カウは蹴った後、戻りの動作を加えて左右各10回。
     全体を省みると、作りを大きく正確に、そして落下しながら行うことで、自分でも驚くほど速く動けるようになった。たった1回の練習で、この違いは大きい。
    | 基本 | 15:55 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE