0
    各種身体操作を入念に反復し、金土の技術練習不足を払拭
     連続浮上落下1320回(11分間)を快調にこなし、頭突き首、頭突き首と落下によるマッ左右、血の気から浮上、血の気カウ、血の気テッなどを入念に行い、金土の2日間でウェイト中心となり技術練習が不足したことを払拭。特に、頭突き首を左右行う動きが向上した。
     陽明門に参加。対人の約束で、パンチの防御、パンチからの蹴りなど。落下マットロンから浮上してテッサーイを放ったら、自然に速く伸びやかに動き、相手からは「すごく強い」と言ってもらえた。
     パンチのスパー、パンチ・蹴りのスパーを各数ラウンド。
     補強で、プランク、各種腕立て、各種スクワットで、陽明門の練習は終了。
     メーマイを自分流に構成して、2回。けっこう疲れる。外発動になっているのだろうか?
    | 日曜練習(練馬) | 16:43 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      約10分のスパーで無意識の境地に
       16日のゴンナパー戦を応援してくれたお礼を兼ねて陽明門に参加。
       各種スパーを中心に、全体練習を終えてから、黒川氏と一騎打ち。ラウンドなしで約10分くらい連続してスパー。前半は外発動的だったせいか、動きを読まれる場面が多かったが、後半は、無意識の内発動になり、要所に合わせてテッサーイが入るようになり、理想的な境地になることができた。
      | 日曜練習(練馬) | 21:25 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        陽明門の練習・祝勝会・反省会
         終了後は、試合の動画を見ながら、祝勝会と反省会。
         陽明門の皆さん、ありがとうございました。
         改めて御礼申し上げます。

         陽明門の練習に参加。
         内発動トレーニング12種各30秒。
         基本動作の確認。
         陽明門には、パムから参加。昨日に引き続き、目をつむって行ってみると、かなり動きやすく、捕られそうになったら、すぐ反応して外し、逆に自分からは捕りやすくなった。
         スパー各種。
         最後は黒川氏と、判定ありのスパー。手数では勝てないので、要所でテッスーンを入れようとしたが、ロングから放つと、すべて見切られた。外発動になっていたわけか。打ち合いでは入る。全体を通して、黒川氏のパンチ手数が勝り、判定では黒川氏に2人、引き分けが3人。辛うじて引き分けにしてもらえた。
        | 日曜練習(練馬) | 18:49 | - | - | - | - | ↑TOP
        0
          崩しからのカウ指導とスパーの反省
          マイオンバーク1回、蹴り(カウ、テッ、テッタン、ティープ)左右各20回、ヤーンサムカウ左右各10回を行ったところで、陽明門に参加。
          今回は、パムでの崩しからカウを、キヨッコー(首に手をかける)してヤーンサム(3歩)の方法からカウ(ヒザ蹴り)を4動作に分解して、まずはひとりで号令に合わせて動きの十番を理解し、続いて対人で練習。今回の指導は、この技のみで終わった。
          以後、各種スパー。
          投げありの組みでは、膝をとられて転がされること2度。しかし、2度とも上をとれた。
          顔面パンチなし投げありスパー、顔面パンチありでの打撃スパーまで行って終了。打撃スパーは、伸張になり過ぎて、前回ほど手数を出せなかった。反省して次回は修正しよう。


          ティープをとられて転がされてしまいました
          | 日曜練習(練馬) | 16:22 | - | - | - | - | ↑TOP
          0
            ゲーオ氏式の蹴り方は、相手に読まれないだけでなく、衝撃力も向上することがわかる
            ワイクー1周(畳の武道場使用で、座ってできる)
            基本型・メーマイ・ルークマイを左前構え、右前構えで各1周
            マイオンバーク1回、トニー・ジャー氏メーマイ1回、サネー師メーマイ1回、ムエコチャサン1回
            手技8種左右各10回
            ティープ左右各10回、テッ左右各10回、カウ左右各20回
            自分の練習をほぼ完了してから、陽明門に参加。
            今回は、組みではなく、打撃の指導に専念。前手のパンチに対してローキック2種、後ろ手のパンチに対してポンからテンカウ。上体の使い方、膝の上げ方など、人の動作を見ていると、問題点がたくさん見つかり、自分の勉強になる。
            スパーを各種。久しぶりの片足ボクシング、座りボクシングは楽しかった。
            全体の練習を終了後、ようやく相対軸を理解してくれる人が一人できたので、左ステップからのテッサーイをふたりで練習。ひとりでの動作と対人の約束攻防だが、試しに肩を蹴らせてもらうと、「面でなくて点の衝撃が来て、奥へ突き抜けていくようです」と表現してもらえる。今、研究中の蹴り方は、攻撃を相手に読まれないことを目的としているが、威力も格段に向上していることがわかり、意外な効用に意気が高揚した。
            | 日曜練習(練馬) | 16:04 | - | - | - | - | ↑TOP
            0
              パムのスパーは見事に3連敗

              組んでからの崩しを実演指導

               基本型・メーマイ・ルークマイを左前構え、右前構えで各1周。マイオンバーク1回。
               陽明門に参加し、蹴りのすくいから崩し、組んでの崩しを指導。組んでからの崩しは、パムの練習における独立した技術になりがちなので、まずパンチを受けてパンチを返し、クリンチになってから崩す、という約束練習を作ってみた。これがどのくらい効果を上げるか?
               パムのフリースパー1分3ラウンド。1人目は柔道式の足払いで崩され、2人目も柔道式の小内刈りで倒され、3人目は肩を上げての防御で首をとることができなかった。パムのスパーは見事に3連敗。指導をしている身として、これは恥ずかしい。
               ミットは連打中心。ミドルはお手本をやらせていただく光栄にあずかる。
               護身術は、手をとられて手首極め、胸ぐらをつかまれて手首極め、髪をつかまれて頭突き、手をとられて肘突きなど。ここに喧嘩術の発声を加えて、たいへん楽しい練習になった。次回は喧嘩術の技を練習したいものだ。
               スパーは、ゲーオ氏の左ミドルを研究。
               終了後、対人でゲーオ氏の左ストレートと左ミドル、パンチに対してテンカウのカウンターを研究。シャドーやミットではなく、人体が相手なので、かなりいい感触をつかめた。
              | 日曜練習(練馬) | 22:16 | - | - | - | - | ↑TOP
              0
                久しぶりの道着で陽明門護身拳法に参加

                練習を終えて、巨椋修氏と


                右端の遠藤五段は「野沢さんが来ると、必ず何か新しいことを学べる」と言ってくれました。師範の身でありながら、頭の下がる嬉しい発言です。


                終了後の反省会(笑)にて、タイみやげのラーメン。ゲーンキヤオワーン味とトムヤムクン味の2種類にしてみました。ココナッツミルクの風味で辛さ抑えめのゲーンキヤオワーンに始まって、本場の辛さ直輸入のトムヤムクンへと移ります。皆さん一口目で「辛い!」と言いながらも、以後は「おいしい」と味わってくれて好評でした。
                | 日曜練習(練馬) | 16:18 | - | - | - | - | ↑TOP
                0
                  道着で初めてムエタイの型
                   ワイクー1周。
                   基本型・メーマイ・ルークマイを左前構え、右前構えで各1周。右前構えの前脚は、修正の必要がある。
                   マイオンバーク1回、トニー・ジャー氏メーマイ1回。道着は汗が滞留するため、もう汗びっしょりだ。
                   基本は手技を8種左右各10回、蹴り3種左右各20回。
                   ここから陽明門護身拳法に参加し、首をとられたときの返し、そこからの崩し2種を指導。
                   ミットは打ち込み中心。もっと数をこなしたい。
                   スパーリングは3ラウンド。こちらも、もっとたくさん行いたいところだった。
                   終了後、ミットで中心軸と相対軸の説明をしながら、動きを確認。
                  | 日曜練習(練馬) | 16:15 | - | - | - | - | ↑TOP
                  0
                    ラットピーの怖さとそれを粉砕するアイヤラーモーの威力を実演し、驚嘆と感激が挙がる嬉しさ
                     陽明門の練習に参加。
                     まずは、ひとりで基本をひと通り行ってから、トニー・ジャー氏メーマイ、サネー師メーマイ、ムエコチャサン、マイオンバークを各1回。鏡を独り占め状態なので、動きと形をじっくり確認できた。
                     陽明門に合流しての指導は、前回の崩しを、と要請されたが、俳優の人たちが参加しているので、映画の要素も考慮し、アイヤラーモーを、ラットピー(胴タックル)に対して使用する技を伝達。ラットピーの怖さ、それをも粉砕するアイヤラーモーの威力を実演すると、驚嘆と感激の声があがった。こういう展開が最高に嬉しい。
                     ミットも持ち手になって指導に回り、続いてパンチのみスパー、パンチと蹴りのスパー、掌底顔面攻撃と金的攻撃ありスパーへと進む。右すねのあざが拡がっているので、全体の終了後に行われる延長スパーは参加せずにとどめた。
                    | 日曜練習(練馬) | 15:54 | - | - | - | - | ↑TOP
                    0
                      対人でダンナー、崩し、カウのカウンターなどを実行・確認して手ごたえ
                       陽明門の練習に参加。
                       全体の練習は、投げの部に入っている。
                       全体から離れ、ひとりで肩甲骨の準備運動、アイヤラーモーの内発動トレーニングなどを入念に行う。
                       陽明門に合流し、ダンナーと崩しの指導。いずれも相手が簡単に崩れ、宙に浮くので気持ちがいい。
                       ミットは、ほとんど指導に回り、フリーは1ラウンドのみ。
                       スパー数ラウンド。最後に黒川氏と当たったのは、ありがたかった。一歩も退かず、もらわず、いい内容の攻防ができたが、左の攻撃が少なすぎた。
                       拳法スパー3ラウンド。相手がすべて色帯クラスなので、上下とも、完璧に決めておく。
                       終了後、マッに対するカウのカウンターを対人で研究。角度などを確認でき、有意義に終わることができた。
                      | 日曜練習(練馬) | 14:49 | - | - | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>
                      RECOMMEND
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE