0
    課外練習と課外スパーで大きな喜びを味わう
     先週に引き続き、陽明門護身拳法の練習に参加。
     まずは、ひとり練習で、基本技すべてを各20回。
     ミットから参加し、初心者への指導に専念。相対軸のティープ・テッ・マットロンを教えたら、見る見るうちに攻撃が重くなった。おもしろい。
     崩しの指導は、先週の復習。自分が倒れ込むことによって、相手を転がすことができる人が増えてきたので、床に倒れる前に上体の角度を変えて自分の体勢を立て直し、相手だけを転がす方法へと進む。
     左フックのレバーブローも先週の復習。
     スパーでは、久しぶりに強打を受けて、嬉しくなった。もっとたくさん行いたいところだった。
     終了後、有志の希望により、ハイキックの指導。指導というより、自分としては、「こうしなさい」と一方的に教える、というのではなく共同研究という意識だ。互いに動きながら、できない動きがどのような状態であるか、とその理由を確認し、こうすればできるようになる、と進めていく。皆さん、蹴りが確実に顔面まで上がるようにはなったので、たいへんな前進だ。ここから先、ムチミにより威力の増強、上段を蹴るためのポジショニング、腕を蹴ることによる崩しなども見せて、次への課題を設定することもでき、たいへん有意義な「課外練習」となった。
     さらには、1ラウンドのみだったが「課外スパー」も乞われ、私に相手をしてほしいと希望してくれる人がいることに、大きな喜びを味わった。
    | 合同練習 | 18:18 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      第二回巨椋修生誕祭に参「戦」記
       2月10日(日)夕方から、中野のルナベースにて、「第二回巨椋修生誕祭」に参「戦」。
       料理やお酒の買出しや、プロジェクターの設定をしてくださった方々、ありがとうございました。
       巨椋氏の投稿した写真は、あんな風ですが、あくまでも写真に撮るときのポーズで、ずっとあんな格好だったわけではありません。https://www.facebook.com/yasuhisa.nozawa#!/photo.php?fbid=414435715309592&set=a.330444593708705.82261.100002295002342&type=1&theater¬if_t=close_friend_activity
       昨年12月の上地流東京大会をプロジェクターに映し出して「観戦」し、組み技系、総合系の方々から積極的な意見をいただき、「参戦」を前提とした論議を展開することができたのは楽しかった。
       その後、練習風景などを見てから、「殺人空手」の上映が始まり、さすがにこれを許容する包容力を持ち合わせていない私は、途中退出する絶好の機会とばかりに、おいとまさせていただいたのでした。
      | 合同練習 | 14:38 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        蹴りをテーマに練習
         撮影終了後、蹴りをテーマに練習。
         この練習に参加させてもらう。
         まずは、蹴りを360度振り切る動きを行い、その感覚で構えから蹴る。二重作Drの蹴りをミットで受けさせたもらったが、振り切るイメージを使って蹴ると、蹴りが明らかに重くなるから驚きだ。振り切るイメージだと速くなるのだとばかり思っていた。
         次に、相手に背を向けるくらいに、重心を後ろ足に移しての蹴り。これによって、大きな動作と体重移動をつかみ、そのイメージを使って小さな動きで蹴る。
         格闘技医学会の方にミットを持ってもらい、ミドルを蹴らせてもらったが、蹴る意識が先行してしまい、純粋に回転して蹴りを「放る」動きができないことがあり、そのつど指摘してもらえた。
         続いて、脚と骨の構造を知ることによってのローキック、さらんは山本健策氏の膝蹴り・前蹴りなど、多岐にわたる蹴りを実際に動きながら試し、大いに楽しく、役立つ練習となった。
        JUGEMテーマ:スポーツ


        | 合同練習 | 15:51 | - | - | - | - | ↑TOP
        CALENDAR
        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << October 2018 >>
        RECOMMEND
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        モバイル
        qrcode
        LINKS
        PROFILE