0
    演じる人と見る人が一丸となる感動的な結束
     日本太極拳友会創立35周年の創立記念交流演武大会が、とどろきアリーナ メインアリーナで開催され、楊式太極拳第六代伝人の傅清泉老師による特別演武をはじめ、会員の方々が套路や集団対練などを披露する壮大な演武会となった。
     中でも圧巻だったのは、宮岡愛氏、佐藤直子氏による「難度太極拳動作」の演武で、曲芸的な動きを行うわけではないのだが、見ていて「これはできない!」と思わされる難度の高い動作に圧倒される。
     高度な技が披露されると、会場から自然に拍手が湧く。同じ道を目指す同志の集まりだけに、宮岡氏、佐藤氏の技がいかに高度で、それを体得することがどれほど困難であるかを理解しているがゆえの拍手であり、演じる人と見る人が一丸となっている結束に、ビデオカメラを回しながら、涙がこぼれてきた。
     これほどの演武を見せていただける演武会にご招待を賜り、三代正廣館長、そして日本太極拳友会の皆様、ありがとうございました。


    アリーナ全面を使った集団演武の模様
    | 楊式太極拳 | 17:19 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      楊式太極拳の歩法を体験
       14時から、御殿場にて楊式太極拳の老師である傅清泉氏の取材だが、初日は流れを見学する、ということになってしまい、少し写真を撮ってから、基本的な動作を体験させてもらう。前進と後退の歩法は、腕と脚の連動や、片足立ちの時間が長いことなどから、肉体へのさまざまな意識が動員されて、たいへん効果的な運動だった。これなら、目をつむったり、物を持ったりして、自分なりのアレンジでさまざまな錬功法が可能になるので、夜の自主練習では、これを実行しよう、とこの時点では思っていたのだが…。いざ、夜の練習になったら、教練の方々に傅老師が推手を直伝するところを撮影することになり、自分の練習どころではなくなってしまった。
      JUGEMテーマ:健康


      | 楊式太極拳 | 15:11 | - | - | - | - | ↑TOP
      CALENDAR
      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << January 2018 >>
      RECOMMEND
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE