0
    第一回ザ・プロテクト競技会


     倉本塾が主催する「第一回ザ・プロテクト競技会」にお邪魔しました。
     倉本塾では、護身術が稽古プログラムの一環にあり、それを「ザ・プロテクト」と称しています。
     そこで学んだ技術を、ふたり組の演武形式で披露し競い合いのが今回の競技会です。
     学んでいる技の中から、「素手の打撃」「つかみ」「長い武器」「刃物」の4種類に対応する「規定」。
     自由に技を選択して演武する「自由」。
     そして、自らが考案した状況と技を演武する「創作」。
     以上の3部門を行い、総合点で順位が決定されます。
     採点と評価の基準は、非常に細かく設定されていますが、創作部門では、現実的な状況を想定して表現することが高得点になる、ということでした。
     護身術の「競技」は、横山雅始先生の功朗法が、もう10年以上も前に実施して先鞭をつけていますが、倉本成春先生の武術的な思想を基にしたザ・プロテクトが競技化されることにより、新しく、そして大きな可能性が拓かれていくであろうことを実感しました。
    | 護身術 | 13:41 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      撮影は巨大な収穫
       岐阜の琴塚古墳跡と士心館にて、林悦道先生のケンカ技を撮影。  肩を使った突き、馬乗りになった相手の頭を両手で回し続けて転倒させる(どこかで見た技だと思っていたら、カリ・シラットのプターカパラと同じ原理だった)、首の付け根に指を差し込むなど、これまで意識していなかった体の使い方や急所などを教えてもらえ、体を動かす練習こそできなかったが、巨大な収穫を得ることができた。
      JUGEMテーマ:スポーツ
      | 護身術 | 13:57 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        四国・松山のホテルにて
         四国・松山のホテルにて。
         護身・鍛練型(第五動作まで)5回。
         斜飛式・倒捲肱各5回。
        | 護身術 | 16:16 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
        0
          神経の練習
           空手の人たちがいないため、護身拳法グループの練習に参加させてもらう。
           シャドー2分3ラウンドに始まり、ミット2分2ラウンド、両手押さえからの反撃2分4ラウンド。パンチのみスパーリング2分3ラウンド。パンチと蹴りのスパーリング2分3ラウンド。
           肉体よりも、神経の練習というべき内容だった。
          | 護身術 | 14:15 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
          CALENDAR
          S M T W T F S
           123456
          78910111213
          14151617181920
          21222324252627
          28293031   
          << January 2018 >>
          RECOMMEND
          SELECTED ENTRIES
          CATEGORIES
          ARCHIVES
          モバイル
          qrcode
          LINKS
          PROFILE