0
    脇湾曲は効果を発揮するが、テッの落下と浮上は不十分・スパーは前回より低下

    ゲーオ氏とブライアン氏が、試合さながらの激しいスパーリング。
    ウィラサクレック会長をはじめ、先生方、ゴンナパー氏ら選手たち、ジム内の全員が見守ります。


     2日を空けてのジム練習だが、以前のような不安はない。
     ロープは、2ラウンド目から高速化し、最後の1分は150回に達する。3ラウンド目は140回台を維持。
     シャドー5ラウンド、サンドバッグ1ラウンド。
     ミットはウー先生。脇湾曲の活用で、回転の速いマッが続いても、以前のような疲労はない。ただし、強い打撃による反作用に耐えるための力は必要で、これによる疲労は生じる。
     脇湾曲は、ソークで如実に効果を発揮し、威力の向上を実感。
     テッは、特に連打において、落下と浮上が不十分だった。思い切り落下できたとき、あるいは軽快に浮上ができたとき、明らかに威力が高まるだけに、落下と浮上は今後も重要課題として継続だ。
     サンドバッグでマッタワット2ラウンド。
     スパーは、毎週水曜日定例となった相手と3ラウンド。
     今回は、相手が先手を仕掛けてきて、序盤は見てしまったが、すぐ修正し、相手を見ず、動いて適切な位置取りを行うようにすると、後手に回ることがなくなった。
     しかし、テッの間合いに入れないまま、後傾なく蹴ってしまうと、かわされる。今回は、テッのヒット率は50パーセント程度だった。
     前回より、うまく行かなかった点を把握し、次回は修正しよう。
     サンドバッグでテッサーイの間合いと身体操作を確認し、2ラウンド。
     シャドー1ラウンドでクールダウン。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 14:18 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      居間で練習
       外がかなり寒いので、居間で練習。
       マッ2ラウンド、カウ2ラウンド、テッ2ラウンド、試合想定2ラウンド。
       支えをなくす動き、脇湾曲など、複数の課題を試し、気持ち良く動き続けることができる。
      | 短練 | 20:20 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        ミットは10連打の連続・スパーでマッのを脇湾曲で高速化
         ジムの前に、たくさんの靴がある。どこかのジムが団体で来ているのだろうか、と思いながら入ると、格闘代理戦争のメンバーだった。
         当然ロープの場はなく、サンドバッグ前でシャドーを開始すると、ドン先生から「リングの外でミットをやるから、あと1ラウンド、サンドバッグ」と言われ、シャドーを中断してサンドバッグ1ラウンド。
         ミットは「2ラウンド」と言われ、密度が濃くなりそうだと覚悟。
         しかし、狭いため、適度な間をおきながら行うことになり、マッの脇湾曲など身体操作の課題実行に集中できた。
         2ラウンド目の後半から、10連打開始。左、右と、ひたすら続き、6セットはやっただろうか? さすがに低下が生じた。
         ラウンドを終えて、延長の2セットでは、これが最後!と回復して動きを戻す。
         サンドバッグでマッ2ラウンド、テッサーイ2ラウンド、テックワー1ラウンド。
         昨日と同じくマッの攻撃のみスパー3ラウンド。
         昨日のマッタワットに加えて、脇湾曲を使ったマットロンクワーサーイなどを有効に放つことができ、これらも武器化を実感する。
         シャドー1ラウンドでクールダウン。
         ジム内が人で一杯なので、いつもより30分早く終了。
        | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 20:19 | - | - | - | - | ↑TOP
        0
          ミット連打で浮上不足を思い知る・対人でマッタワットカーンの武器化を実感
           土曜では、ロープのスペースはないか?と思っていたが、先着の人たちがミットに入っていたので、平日と同じようにロープ。平均148回/分を維持できた。
           シャドーを始めたら、ウー先生に呼ばれ、バンテージを巻いてサンドバッグ1ラウンドでミットへ。
           マッの速い回転→中心軸→外発動→疲労という負のサイクルが生じてしまう。しかし、疲労しても、すぐに回復することも重要だ。外発動を避けて内発動化させ、疲労しても、すぐ回復を試みながら続行。
           テッとカウは良好。
           連打は、徐々に戻り脱力ができるようになっていった。
           しかし、終了後に先輩の連打を見たら、見事に浮上していたので、自分の浮上が不十分であることを思い知らされる。
           もっと浮上することを課題としよう。
           サンドバッグでマッ2ラウンド、テッサーイ2ラウンド。2ラウンド目はマッを打っているところから行うが、下腿を相手の中心に出す感覚ができ始めた。
           サンドバッグでテックワー3ラウンド。クワーは、まだ中心線下腿が不十分。3ラウンドにした。
           復習のためにサンドバッグでテッサーイをもう1ラウンド。
           スパー形式で、マッ攻撃のみ3ラウンド。このところ練習頻度を高めているマッタワットカーンが、かなり入り、通常のスパーでも武器になるのでは、という感覚を得る。
           シャドー2ラウンドでクールダウン。
          | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 17:01 | - | - | - | - | ↑TOP
          0
            ゴンナパー先生のミットで試合に近い攻防
             ロープは、回数を目指すでも、脱力を意識するでもなく、ほぼ無意識に行い、快適に持続。
             シャドー4ラウンド、サンドバッグ1ラウンド。
             ミットは、久々に復帰のゴンナパー先生。
             落下や後傾など課題の身体操作を実行することはできるが、最大の威力は感じない。
             反撃が多く、試合に近い感覚を磨くことができた。こうした攻防こそ、ミットの醍醐味だ。
             サンドバッグでマッ2ラウンド、テッサーイ2ラウンド、テックワー2ラウンド。
             フィストプッシュアップをドロップで8回3セット。
             シャドー2ラウンドで、復習とクールダウン。
            | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 14:43 | - | - | - | - | ↑TOP
            0
              大腿を少なめに、上腕二頭筋は多めに
              大腿
               スクワット20キロ12回、40キロ8回、50キロ4回2セット、40キロ8回
               レッグプレスマシーン90キロ6回、100キロ6回2セット
               システマ式スクワット50回。システマ式は楽に動くことが重要だが、バーベルやマシーンの後では、50回でも、きつい。

              上腕(二頭筋)
               バーベルカール20キロ8回3セット
               ダンベルインナーカール7.9キロ8回3セット
               サムアップか0ル9キロ6回、7回、7回
               このところ、小筋群が、なかなかできなかったので、大腿を少なめにして、上腕二頭筋を増やした。


               スミスマシーンでベントロウ20キロ10回、40キロ8回3セット。集中できた。

              五行の気、ディアム3種、舒筋法
              | ウェイトトレーニング | 14:41 | - | - | - | - | ↑TOP
              0
                前回スパーで苦戦した相手に雪辱
                 ロープは、縄の動きがおかしく、速く動かすことができず、常時130回/分程度だった。なぜだろう?
                 シャドー3ラウンド、サンドバッグ1ラウンド。
                 ミットはウー先生。回転の速さに付き合うと、中心軸になる。相対軸のマッタワットなどを行うと、どうしても技のつなぎに間が生じる。しかし、コンビネーションが遅くても、人間に作用する時間は速い。
                 テッは、落下のみ良好。
                 連打で力み。戻し脱力が実行できると、良くなった。連打のキーポイントは、戻し脱力にある気がしてきた。
                 ラスト30秒マッ連打は、回数よりも、落下による威力を重視。少し実行できた。
                 サンドバッグでマッタワット1ラウンド、テッサーイ1ラウンド。
                 スパー3ラウンド。前回に相手をした大振りフックの人。見ることなく相手の初動を感じて動き、適切な間合いをとって、ほとんどの攻撃をはずすことができた。かつ自分のカウンターが入る。これに応じて、相手は単発でなく左右のマッタワットで攻撃してくるが、間合いをはずしてかわし、それでも入ってきたら、こちらの攻撃が入る。
                 テッサーイは、落下同時足上げによって、相手の反応を誘わず、手応えも良好。
                 テックワーはまだ相手の反応を誘ってしまう。ここが、これからの課題だ。
                 サンドバッグでテックワー2ラウンド、テッサーイ1ラウンド。
                 シャドー2ラウンドで確認とクールダウン。
                | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 14:40 | - | - | - | - | ↑TOP
                0
                  ミットで徐々に向上し、サンドバッグでは「絡まり」ができ始める
                   ロープから開始。適度に力が抜け、それゆえに速度が高まり、分速140回を常時超えた。
                   シャドー2ラウンド、サンドバッグ1ラウンド。
                   ミットはドン先生。テッの威力が感じられない。しかし、2ラウンド目で力を抜き、水化するようにして、落下を大きくすることができ、威力が戻り始めた。されには、戻り脱力にも意識が達しで、時間を経るごとに向上した。延長に入ってからの10連打では、少し力みが残ってしまったことが悔やまれる。次は修正しよう。
                   サンドバッグでマッタワット1ラウンド、テッサーイ2ラウンド、テックワー2ラウンド、テッカーン2ラウンド。テッカーンの終盤になって、落下と後傾により足がサンドバッグに絡まる感覚が生じ始めた。良好な感触だ。次回はこれをミットに活かそう。
                   シャドー2ラウンドで確認とクールダウン。
                  | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 14:29 | - | - | - | - | ↑TOP
                  0
                    胸をオーソドックスな方法で

                     ベンチプレス20キロ10回、30キロ8回、40キロ6かい3セット、30キロ8回、9回
                     インクラインダンベルフライ11キロ8回、13キロ8回、9回、8回


                     クランチ17回、12回、12回


                     バックエクステンションマシーン40キロ10回、45キロ10回、50キロ8回2セット

                    上腕(三頭筋)
                     ラットマシーンプレスダウン20キロ6回、16キロ8回2セット


                     ラットマシーンフェイスプル20キロ8回3セット

                    五行の気、ディアム3種、舒筋法
                    | ウェイトトレーニング | 17:25 | - | - | - | - | ↑TOP
                    0
                      応援に出かけるため短縮練習
                       アマチュア大会の応援に行くため、ジムが開いた直後にジム入り。
                       ロープは4ラウンドにする。
                       シャドー3ラウンド。6ラウンドくらい入念にやろうと思っていたが、時計を見ると、時間がない。
                       急遽サンドバッグに変更し、3ラウンド。これで時間切れ。
                       ミットはやってもらえるだろうと思っていたが、とても無理だった。
                       急いで着替え、応援に向かう。
                      | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 17:21 | - | - | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>
                      RECOMMEND
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE