0
    太極拳の要領でムエタイを自主練習し効果を強く実感

    演武会における浮上のてきていないテッ。かかとが浮いていません。今日の練習で、急速な改善につながるか?

     インフルエンザからの回復を実感するが、ムエタイのジム練習とウェイトトレーニングは、血流の影響を考慮して、もう少し控えることにし、BUDO-STATIONのクラスがない土曜の昼間を利用して、メイン道場を貸切で練習させていただく。
     ムエタイの各種基本技を、太極拳の要領で行ってみた。ただし、太極拳と同じくらい、ゆっくりにすると、かえって力みが生じると思われ、動く方向の部位から脱力することに専念。
     マットロンクワー、マットロンサーイ、カウサーイ、テッサーイ、ティープクワー、ソーク3種、前後移動、カウバンクワーサーイを各3ラウンド。
     マットロンやソークは、四正推手の前後移動に腕の動きを変化させた単独の推手みたいな感じで心地良く動ける。カウ、テッ、ティープは浮上が加わるが、脱力して落下が大きくなるため、浮上が自然に、かつ高くできるようになった。特に、前足で行うティープクワーは難しいかと思われたが、いったん膝を上げて浮上する動きを脱力して大きく行うことにより、前への押し込みガ淀みなく流れ、驚いた。
     前後移動は、全体の締めという意味で行い、脱力により落下と移動が、これまでになく自然に、しかも無意識に行えるようになった。腕や脚の技が必要ないので、上体は構えのままだが、それゆえに各技よりも、ゆっくり動けて、太極拳で生じる、指にピリピリくる感覚が、ここでも得られた。
     あまりに調子がいいので、追加でカウバン。スポーツやトレーニングの世界には、連続膝上げ運動なのだが、脱力に加えて横隔膜上昇を使いながら、浮上を繰り返し、1ラウンド目は大腿やふくらはぎの筋力を使ってしまったが、次第に力が抜けて、3ラウンド目は、遊んでスキップするような楽しさと連続浮上の快さを味わいながら、終了することができた。
    | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 19:49 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      脱力することで、螳螂拳も治療の効用あり
       瀬戸信介先生のカンフーランドに参加。
       カンフー体操1は、瀬戸先生の実演を見ただけでは難しそうだったが、意外に動きやすく、すぐに脱力して動くことができた。
       続いてカンフー体操2で、開掌の技、擒拿、肘などが加わり、さらに脱力が進んだ。
       瀬戸先生の教授されるメインの螳螂拳は、崩歩拳の数動作を行い、まだ全快していない体が良い方向に温まってくることを強く感じられ、「螳螂拳 = 速くて激しい動き」といった図式ではなく、ウィルスに冒されて弱った肉体の回復にも大きな効用があることを実感する。
      | BUDO-STATIONカンフーランド | 20:37 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        動く方から、ゆるむ
         沈剛老師の呉式太極拳クラスに、先週に引き続いての参加。
         四正推手では「動く方から、ゆるむように」との教えをいただき、一気に動きやすくなった。無理な体重移動も筋肉の緊張も必要ない。ゆるむ=脱力することによって、その方向へ体は自然に動いていき、しかも居つくことなく動き続ける。
         三十式を、老師や先輩方の動きを真似ながら行っても、動く方から、ゆるむことにより、どの方向でも、どの動作でも快適に続けることができる。動こう、動かねば、という意識を介在させることなく、無意識に動き続けていると、実に楽しくなってきて、長いと思っていた三十式を、このまま何度でも繰り返したい感覚が生じた。
         動く方から、ゆるむ。ムエタイで落下や浮上を行っていても、果たして力みが生じていなかったか? 沈剛老師の教えを、ムエタイで実行するのが、今から楽しみだ。
        | BUDO-STATION呉式太極拳 | 20:35 | - | - | - | - | ↑TOP
        0
          ソファ跳びは昨日より安定
           ソファ跳びは、昨日より安定して3ラウンド。
           シャドーで、マットロンクワー1ラウンド、マットロンサーイ1ラウンド、マッ各種1ラウンド、カウサーイ1ラウンド、カウクワー1ラウンド、テッサーイ1ラウンド、試合想定で1ラウンド。
          | ムエタイ(タイでの練習) | 16:39 | - | - | - | - | ↑TOP
          0
            タイのホテルは、今回は大当たり!

            リビングルームとベッドルームに分かれていて、豪華さはありませんが、広さは、練習するにも十分の広さがあります


            今回は窓あり! これがありがたいのです


            窓からの光景1。古いタイと新しいタイが共存しています


            窓からの光景2。右手の通りがパーディパッ通りです。日本の方がには、なじみがないですね


            リビングルームの流しは、とっても便利!


            ベッドルーム。左にあるソファは、連続浮上落下に使わせていただきました


            前タイ国王様1回忌。テレビでは、各局で追悼番組が毎日流れています


             タイの常宿パーディパッ。ここ数年は、1000バーツも取られて、窓なしが続いていました。ただし、ベッドルームとリビングルームに分かれたスウィートルームです。スウィートが1000バーツなんて嘘だろ、と思われるでしょうが、本当です。豪華ではありませんが…。
             今回は、部屋の希望を言う前に、フロント側から「この部屋でどうですか? 950バーツです」と提案してきました。2部屋あること、窓があることを、いずれも確認でき、これで950バーツと安いのだから、即座に決定です。
             窓つきは日本では当然ですが、やはり、あると開放感がまったく違います。この部屋は、リビングに流しもあって使い勝手が良く、お湯は熱いのがふんだんに出て、日本なみに入浴もできます。
             このホテルは、満室になることは絶対にないのですが、いつもそれなりに客は入っているため、こちらから希望をすべて伝えはしても、希望どおりになることは、なかなかありません。
             ホテルの部屋にも当たりはずれがあるものです。それが今回は、希望以上の部屋となり、大満足でした。
            | タイのホテル | 19:30 | - | - | - | - | ↑TOP
            0
              ソファを使った連続浮上落下とシャドー
               部屋のソファを使ってタイヤ跳びを真似て、連続浮上落下9分。序盤はバランスをとるのが難しく、ふくらはぎや大腿に力が入ったが、次第に安定し、自然な浮上と落下を反復できる。1分間の平均回数は110程度だった。
               シャドーで、マットロンクワー1ラウンド、マットロンサーイ1ラウンド、マッ各種1ラウンド、カウサーイ1ラウンド、カウクワー1ラウンド、テッサーイ1ラウンド、試合想定で1ラウンド。
              | ムエタイ(タイでの練習) | 16:38 | - | - | - | - | ↑TOP
              0
                ドラッグカールで外側、インナーカールで内側を刺激

                 シットアップ&リバースクランチをドロップセットで12回、6回3セット


                 アップライトロウ20キロ10回、25キロ9回2セット
                 スミスマシーンでバーベルフロントプレスをパーシャル&フルレンジ(8・8・8)で20キロ3セット
                 スミスマシーンでバックプレスをパーシャル&フルレンジ(8・8・8)で20キロ3セット
                 ショルダープレスマシーン(パラレル)をパンプセットで14キロ18回、9キロ30回

                上腕(二頭筋)
                 スミスマシーンでドラッグカール20キロ8回、25キロ10回、30キロ6回
                 インナーカール7.9キロ8回3セット

                上腕(三頭筋)
                 ナローベンチ20キロ10回、25キロ10回2セット
                 トライセップスエクステンションマシーン16キロ8回3セット
                | ウェイトトレーニング | 19:52 | - | - | - | - | ↑TOP
                0
                  連打で外発動になることの修正が急務
                   縄跳びは、連続浮上落下を順調に行うことができる。
                   シャドーでマッ3ラウンド、カウ2ラウンド、テッ2ラウンド。足技は血の気に重点を置いた。サンドバッグでテッ2ラウンド。
                   ミットは、2ラウンド目で、テッサーイ5連打を3回の後、10連打。脱力が効かなくなり、力が入って中断しながらの10連打となってしまった。連打になると、外発動になる。これは修正が急務だ。
                   ミット3ラウンド目は、マッとカウのみ。カウは、それまでのラウンドより、浮上の感覚が低下した。どんなに動いても浮上を維持できなければならない。
                   浮上を重視してカウのシャドー2ラウンド。
                   プッシュアップのドロップセット8、3、3、3。ベンチプッシュアップ左右各8回2セット。
                   クールダウンのシャドー2ラウンドで終了。
                  | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 16:19 | - | - | - | - | ↑TOP
                  0
                    フロントスクワットは分散の難点あり
                    大腿
                     スクワット20キロ20回、40キロ10回、50キロ4回、55キロ2回3セット、50キロ4回
                     フロントスクワット20キロ10回2セット。ゴブレットスクワットと同様、手や腕に意識が分散してしまう難点あり。
                     ワイドスクワット20キロ10回、30キロ9回2セット
                     レッグカールは、ふくらはぎを脱力して行えるよう、軽い重量で行い、14キロ12回、23キロ10回2セット
                     レッグエクステンションをアイソレート8秒で14キロ6回3セット

                    内発動
                     挙上落下スクワット30回
                     挙上浮上スクワット30回。少し大腿に力み。
                     下垂落下スクワット30回
                     下垂浮上スクワット30回
                     挙上踏み込みスクワット30回
                     下垂踏み込みスクワット30回
                     スキップ50回
                     前方腕浮上50回
                     連続卍浮上50回


                     バーベルベントロウ20キロ12回、30キロ9回3セット
                     ラットマシーンプルダウンビハインドネックをパンプセットで16キロ30回2セット
                    | ウェイト&内発動トレーニング | 16:14 | - | - | - | - | ↑TOP
                    0
                      究極の出力と究極の脱力
                       

                       沈剛老師の呉式太極拳に参加。
                       剣を使った準備運動で全身を引き伸ばしてから、三十式を通して行い、続いて六式までを動作の解説をしていただきながら行う。
                       後半になると、四正推手。単独で反復し、動きの順番を覚えたら、相手と向き合い、離れた位置で行い、徐々に距離を縮め、四正推手となる。相手と実際に接すると、最初は動きが狂ったが、冷静に順番と接触点を確認しながら行うと、次第に無意識に行うことができるようになる。沈剛老師からは、実際に手合わせをしながら、肘の位置や重心移動、手の接触点などを詳しく指導していただいだ。
                       推手の後に、六式までを復習してから、最後に三十式を通して行い、終了。
                       套路を行っていると、手の平と指先にピリピリした感じがする。特に眠くなってくることが最大の反応だった。山田編集長によれば、α波が出ていて、いいことだ、とのことだが、かなり眠くて、沈剛老師が説明をしてくださっている間に、あくびが出そうになったのは困った(笑)。
                       昼間はウェイトだったが、その筋肉疲労は消えてしまった感じがする。
                       ウェイトでは、鍛錬部位に出力を集中させるが、それ以外は脱力をはかっている。ムエタイでは、自律動作でも、反作用を受ける瞬間でも脱力する。
                       最近、脱力ができ始めていただけに、沈剛老師の「どの筋肉も使わずに動いてください」という指導に、すんなりと従えて、心地良く動き続けることができた。
                       ウェイトで究極の出力(鍛錬部位以外は脱力)、呉式太極拳で究極の脱力。ウェイトと太極拳の組み合わせは、絶大な効果を生みそうな気がしてきた。
                      | BUDO-STATION呉式太極拳 | 16:12 | - | - | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      RECOMMEND
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE